専業主婦のカードローン審査申込概要

消費者金融がカードローンでお金を貸すのは、借りた人に収入があるためその収入をあてにしてお金を貸すわけです。そのため、カードローンの審査では収入の有無が非常に重要です。本当に収入を現在得ているかどうかの確認をするため、職場に電話をして本人が勤めているかどうかを確認する在籍確認があるのです。

しかし、最近の銀行系カードローンでは専業主婦に対してお金を貸している例が見受けられます。専業主婦の定義は色々あるでしょうが、一般的に「自宅で家事をしている主婦」という事が多く収入はないはずです。

とはいえ、銀行側からすると専業主婦に対するカードローンは、安心できると言われることがあります。それは、申込の段階で必ず旦那さんの勤め先を把握しているためです。もちろん旦那さんに対して在籍確認の電話をすることはありません。なぜなら専業主婦がカードローンを利用する局面では旦那さんに内緒で申し込んでいることがほとんどだからです。

しかし見方を変えると、万が一専業主婦が借りたお金を返済できなくなったとしても、自宅などに督促の電話が入るとまずいのです。そして、「手段を選ばず」に返済資金を調達して返済してくれる可能性が高いのです。銀行としては返済してくれればいいわけです。

ただし、融資限度額が低くなることは間違いありません。収入がないのですからそれは当然でしよう。また、消費者金融にこの芸当はできません。収入がない人に貸すことができない貸金業法の総量規制に反するからです。

メニュー